iPad整備済製品を購入してみた

AppleStoreで整備済製品とは

今回はAppleStoreで購入した第6世代iPad(整備済製品)をご紹介します。

整備済み品とは、不良または返品によってAppleに戻ってきた製品を整備、クリーニングを行ない再度製品として販売する製品のことを言います。

Apple Storeで新品を購入するよりもお得に購入できます。

中古品じゃないの?

整備済製品とは言っても中身は修理されたものであり、Appleの厳しい検査基準に合格した製品になります。

また、外観は新しいものと交換されているので、ほぼ新品となります。さらに、新品と同様にメーカー保証(1年)もついてきますし、AppleCareの加入も可能です。

今回はiPad 9.7インチ第6世代(2018年3月モデル)ストレージは128GBのカラーはスペースグレイを購入しました。

新品で購入すると下記の価格で販売されています。

iPad(第六世代)スペック

Wi-Fiモデルを選んだ訳

iPadはWi-Fiのみで利用できるWi-FiモデルとSIMを差し込んで利用できるセルラーモデルの2種類あります。

今回、私はWi-Fiモデルを購入しました。

私は普段外出が多いので、スマホとiPadをテザリングして使用しています。なので、セルラーモデルは必要ないと判断。今回はWi-Fiモデルを購入しました。

価格は通常の新品の場合、約52,704円(税込)になります。今回は整備済品ということで44,064円(税込)で購入しました。約8,640円くらいお得に購入できました。

早速、開封。

外箱に若干の凹みはありましたが想定内でした。

外側のビニールをビリビリと破り箱を開けるとこのように本体と、その他のものが見えてきます。

中身はiPad本体と充電アダプタ、Lightningケーブル、簡単な説明書やAppleのステッカーなどです。

整備済製品とはいえ外観に損傷がないか隅々まで確かめましたが、傷一つありませんでした。

本体表

本体裏

ビニールを剥がしてみます。

本体上部にはスリープボタンとイヤホンジャック。

本体右側面には音量調節ボタン。

本体下部にはスピーカーやマイク、Lightningケーブル差込口になっています。

iPhone8plusと大きさを比較

▷▷Apple Store公式サイト

色々な設定を済ませると綺麗な画面で動作もサクサクです。

一応、ベンチマークも測ってみました。

iPad(2018年モデル)ベンチマークスコア

iPad(2018年モデル)のスコアは上記のような結果になりました。他のモデルと比較してもスコアは結構優秀でした。

iPad(第6世代)はApple pencil対応とのことで、後日、pencilも購入したいと思います。

Apple Storeで整備済品購入まとめ

今回、AppleStoreの整備済品を購入したのは初めてでしたが、新品となんら変わりない製品でした。

今まで新品を購入していたので不安な面も有りましたが、今から購入するならiPadを整備済品で安く購入するのも良いと思います。

整備済品はいつ入荷されるのか気になるところと思います。

結局のところ入荷すると早く購入した方のものになります。つまり早い者勝ちになります。早いと販売開始からすぐに完売してしまうこともあるので、ある程度対策が必要になります。

今回、私は整備済製品の入荷を通知してもらえるように、とあるTwitterアカウントを利用しました。もし良かったら購入の際に活用してみてください。

▷▷twitter:Apple整備済品入荷速報

このTwitterアカウントのおかげもあり、運良く購入できたので感謝でした。

iPad以外にもMacBookなども整備済製品として売り出されていたりもしますので、いろいろチェックしてみてください。

新品よりも安く購入できるため、購入競争みたいになってしまうところはありますが、安く購入できるのでオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございます。また何か有力な情報がありましたらご紹介させていただきます。

スポンサードリンク