気になるスマホ「OPPO R17 neo」レビュー

OPPO R17 neoについて

今回は去年2018年11月発売された「OPPO R17 neo」について実機のレビューも兼ねてご紹介します。

実機に触れてみた感想ですが「OPPO R17 neo」はディスプレイが綺麗なのでゲームにも最適、動作が遅いといったストレスがありません。3万円台のスマホとしては、とてもコスパが良い機種だと思います。

OPPO R17 neoスペック

性能について

CPUが「Snapdragon 660 オクタコア1.95GHz/4コア + 1.8GHz/4コア」なので性能的には高性能な機種になります。

2018年モデルではコスパが良い「HUAWEI P20 lite」などもありますが、「OPPO R17 neo」はゲーム性能も良いのでゲームをストレスなく楽しめます。

ゲームを楽しむなら「OPPO R17 neo」がオススメです。

スポンサードリンク

try UQMobile「OPPO R17 neo」セット

今回はtry UQ mobileを利用して実際の性能などを体感しました。

SDカードとnanoSIMが装着できます。

SIMについてはnanoSIMが2枚(トリプル)で装着でき、「DSDV機能」に対応しています。

外観について

背面は光沢のあるブルーとピンクのグラデーションのようなカラーになります。ボディは薄く重さが軽く持ちやすい。

右側面(スリープボタン)
左側面(SIMスロット、音量ボタン)
下面(スピーカー、マイクロUSB差込口、イヤフォンジャック)

電源を入れてみます。

6.4インチディスプレイで有機ELなので色鮮やかでとても綺麗なディスプレイの仕様になっています。

OSについて

OSは「Android8.1(Color OS 5.2)のユーザーインターフェースをカスタマイズした独自のOSになります。

セキュリティ(指紋認証、顔認証)

セキュリティは指紋認証と顔認証が同時に利用できます。指紋認証の認証速度は速いとは言えませんが、タッチしてワンテンポ遅れる感じがします。

顔認証は優秀ですぐ認証してくれます。また、認証に必要な明るさも夕暮れで薄暗い程度の明るさなら認証可能でした。

画面を2画面利用できる

2画面で分割して作業ができます。分割範囲大きさも中央で調節が可能です。

ベンチマークスコア

上位機種のスコアとまではいきませんが、P20liteよりは性能が多少上かなと思います。簡易的なスコアなので実際は少し異なるかもしれません。

UQ モバイル通信速度測定

UQモバイルは他のMVNOより通信速度も結構でます。速度も速く品質も良いので一押しのMVNOです。

try UQ mobile「OPPO R17 neo」まとめ

今回、try UQモバイルを利用して「OPPO R17 neo」をご紹介しました。次に購入するAndroidスマホを探していたので、いい判断材料になりました。

「OPPO R17 neo」はAmazonなどでは販売しておらず、UQモバイルでしか販売されていないようです。購入する手段が限られてしまうことが残念な点かもしれません。

しかし、今ならUQモバイルはキャッシュバック10,000円を進呈しているようなのでお得に手に入れるチャンスではあります。

もしも、「OPPO R17 neo」に興味がある方は一度、tryUQモバイルを利用して実機に触れてみてから判断するのも良いかもしれません。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

▷▷UQモバイル公式サイト

スポンサードリンク