縛りなしWi-Fi 3つのデメリット!

縛りなしWi-Fiとは

縛りなしWiFiとはSoftbank系のPocketWi-FiサービスやUQWiMAXのサービスを利用して端末をレンタルし、通常よりも安い料金で提供するサービスです。

初期費用はかからず、契約期間の縛りがありません。また、解約に伴う違約金がありません。

月額が3,300円(税別)といったリーズナブルな価格帯でサービスを提供しています。

しかし、縛りなしには注意しなければ無駄な浪費になってしまいます。

この記事では、縛りなしWi-Fiの3つのデメリットについて解説していきます。

デメリット1(レンタル品であること)

縛りなしWi-Fiの最低利用期間は契約した月の月末までになります。最低利用期間はだいたい1ヶ月間になります。翌月になると解約料金なしでいつでも解約できます。

しかし、縛りなしWi-Fiは端末を実質的に購入するサービスとは異なり、解約する際に返却が求められます。

つまり、端末をレンタルして利用するサービスです。レンタル品には必ず返却が求められ、端末の故障や水濡れなどで故障した場合に修理代が発生します。

壊れたから解約しようと都合よくはいかないことがデメリットの1つになります。

安心サポートプランなどの 保証オプションに加入していないと39,800円の高額な修理代を支払わなくていけません。また、安心サポートプランに加入していた場合も10,000円の修理代が発生します。

縛りがないとはいえ高い代償となってしまうので注意が必要です。

デメリット2(希望の端末が届くとは限らない)

縛りなしWi-Fiのもう1つのデメリットはUQ系の端末かSoftbank系の端末など、端末を自由に選択ができないことがあります。

UQWiMAXまたはSoftBankのpocketWi-Fiなど、サービス自体は選択できるようですが、端末に関しては在庫状況によって変わってしまう場合があります。

在庫状況によっては希望した端末が届くとは限らないので、当たりとハズレがあることもデメリットになります。

また、ACアダプターは付属してないため、自分で用意しなければなりません。

実際に契約してみたものの、圏外で利用できなかった場合など、キャンセルについては契約月の解約はできません。

最低利用期間(利用開始月)つも含め、2ヶ月分の月額利用料は支払う必要があります。また、端末の交換に伴う送料は自己負担になります。

デメリット3(異なる速度制限)

縛りなしWi-Fiは先に述べたように、WiMAX系とSoftbank系のpocketWi-Fiのどちらかのサービスになります。従って通信網も異なることから、3日間の通信容量に対する速度制限が異なります。


直近3日間制限 速度制限時の速度
WiMAX系(WX05 W04) 3日間で10GB以上 下り最大1Mbps
Softbank系(603HW 502HW) 3日間で3GB以上 下り最大128kbps

上記のように届いた端末が違うだけで3日間の通信容量に対しての速度制限の内容が違うものとなります。

また、WiMAX端末の場合、普通はauLTEを利用したハイスピードプラスエリアモードという通信モードが利用できます。

しかし、縛りなしWi-Fiの場合は ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて利用した場合は1,005円の追加料金が課せられます。

また、一度でもハイスピードプラスエリアモードに切り替えてしまうと、月間通信容量が月7GBまでしか使えなくなってしまうようです。7GBの容量を超えた場合、制限時の速度は128kbpsかなり低速になってしまうので注意が必要です。制限は月末まで解除されません。

通常、WiMAXはハイスピードモード(HS)とハイスピードプラスエリアモード(HS+A)を自由に切り替えて利用できますが、縛りなしWi-Fiの場合は厳しい制約があるようです。

縛りなしWi-Fiまとめ

縛りなしWiFiは初期費用がかからず、契約期間の縛りがないのが魅了です。あくまでレンタルサービスと割り切って利用するなら便利なサービスです。

しかし、端末はレンタル品なので思わぬ故障や水濡れに対しての修理費用が高額になるリスクがあります。

また、端末は在庫状況によって希望する端末が届くとは限らないため、当たりとハズレがあり、制約もあるため意外に融通が利かないサービスと感じます。

縛りがないとはいえ、知らないで契約してしまうと場合によっては損をしてしまう可能性もあります。

以上、縛りなしWi-Fi3つのデメリットについてご紹介しました。

スポンサードリンク